筋肉を使い鍛えること

腰痛回避のため、毎日背筋、腹筋50回ずつとダンスをしています。それから、月1回東京の整体に骨盤矯正しに行っています。お灸やシップなど外側から温めて和らげる方法もたまにしますが、やはり筋肉を使って鍛えていくことが1番の回避策でしょう。ピラティスの先生は「内側の筋肉を鍛えていないと猫背になったり腰痛の原因になりますよ」とよくアドバイスしてくださいます。内側の筋肉が鍛えられていないと自分の体を自分で支えることができず、怪我にもつながりかねません。アウターの筋肉も大事ですが、インナーの筋肉を使って自分の体をしっかり支えていくことが重要です。

 

自宅でもヨガマットがあればインナーの筋肉を鍛えることが可能です。あおむけになりお腹をへこませるように力を入れながら、頭からゆっくり起き上がります。あえてゆっくり腹筋をします。8カウントで起き上がり、また8カウントでゆっくりあおむけになるくらいが良いでしょう。これを時間があるときに10回くらいするだけでも、継続すればインナーの筋肉はついてきます。